株主持分計算書は会社の計画にどのように役立ちますか?

株主資本計算書は、貸借対照表の主要セクションの1つです。 株主資本とも呼ばれる株主資本は、会社の所有構造を要約したものです。 通常、貸借対照表の資産負債セクションの後に転記されます。 株主資本計算書は、事業の所有者に帰属する資本の総額を示すため、計画の重要な要素です。

追加株式の売却

追加株式を売却するかどうかは、株主資本計算書の位置によって異なります。 たとえば、承認された株式資本、つまり発行可能な最高株価を使い果たすと、既存の株主に追加の株式を発行することは困難になる可能性があります。 会社の授権株式資本の上限は、株主の承認なしに調整することはできません。 したがって、株主持分計算書により、会社の経営陣は、授権株式資本を調整しようとするときに事業の所有者の承認を確保するための事前の取り決めを行うことができます。

株式の合理化循環

株主持分計算書は、発行済株式の総数が事業の所有者に分配される利益の額を希薄化するかどうかを事業が判断するのを助ける。 1株あたりの十分な利益の分配を保証するために、あまりにも多くの株が流通している場合、会社はその株の一部を買い戻すことができます。 このように、株主持分計算書は、株主価値を最大化するという観点から、当社の株式を買い戻すための将来のプログラムの計画を容易にします。

従業員持株会プランの見直し

従業員の株式所有計画(ESOP)により、労働者は会社の一部を所有することができます。 当社は、これらの株式を、経営者によって設定され株主によって承認された限度内で配賦します。 従業員がこれらの株式に対する権利を行使できる制限はあります。 株主持分計算書により、経営陣は会社のESOPの進捗状況および調整を監視および確認することができます。

利益配分の計画

株主持分計算書は、事業の利益配分を計画するのに役立ちます。 企業は、利益剰余金に向けられる利益の部分と株主に分配される金額について事前に決定を下さなければなりません。 株主資本計算書に記載されている発行済株式の総数により、会社は各会計期間の1株当たり利益を決定することができます。