Wordで乗算をする方法

Microsoft Wordは主にテキスト用に設計されていますが、文書内に数式を追加することは可能です。 乗算関数は、Word文書に使用できる標準式の1つです。 作成した任意のテーブル内に情報を追加できます。 テーブルが作成されたら、そのグリッド線の表示を解除すると、乗算数は境界線なしでドキュメント内にそのまま残ります。

テーブルを作成する

デフォルトでセルを提供するExcelと同様に、乗算の問題を完了するようにプログラムに依頼する前に、Wordのセルが必要になります。 Wordでは、セルの作成は文書にテーブルを追加することによって行われます。 Wordのリボンの[挿入]タブに移動して、[テーブル]アイコンをクリックします。 テーブルに含めるセルをいくつでも強調表示し、マウスボタンを離します。 テーブルは、カーソルがドキュメント内のどこにあっても挿入されます。

式を書く

テーブルを作成したら、数式を使用してWord文書内の数字を乗算します。 数式は自動的に数式を完成します。 乗算問題の結果は積と呼ばれるので、式は積方程式としてフォーマットする必要があります。 数式を作成するには、商品を表示するセルの内側をクリックして、Wordのリボンの[レイアウト]タブに移動します。 [式]アイコンをクリックし、[式]フィールドに「= PRODUCT」と入力します。 Wordでセルを使って乗算するように指示する必要があります。 たとえば、結果セルの上にある2つのセルを乗算する場合は、 "= PRODUCT(ABOVE)"と記述します。 Wordに結果セルの下、右または左、または任意の2つの方向の組み合わせでセルを乗算するように依頼することもできます。

データを入力

式を追加する前または後に、乗算式のデータをWordの表に追加できます。 式に指定したセルには必ずデータを入力してください。 たとえば、特定のセルの上にあるセルを乗算するように数式に要求した場合、そのセルの左側にテキストを入力しても積は生成されません。 他のセルに数値を入力し終えるとすぐに、その製品は式セルに表示されます。

考慮

セルはプログラムの本来の部分であるため、Microsoft Excelの方が式に適しています。 Word文書で多くの複雑な乗算を実行する場合は、Excelで乗算式テーブルを作成してからWord文書にコピーして貼り付けることをお勧めします。