あなたがシャツを売るならば、あなたは売上税を報告しなければなりませんか?

小売業で、店舗、通信販売拠点、または仕入先のブースなどの実際の事業所からシャツを販売する場合は、免税の場合を除き、毎月または四半期ごとに消費税を申告して支払う必要があります。 顧客に課税する売上税の額、および免除される可能性があるかどうかを、最寄りの税務署または税務署で確認してください。

使い方

一般的に言って、小売用シャツビジネスを合法的に運営するために、地方自治体は、あなたが州内のウォークイン顧客および通販顧客にそれらを売却することを計画する場合は特に、売上税の許可を申請する必要があります。 通常、地方自治体は許可の手数料を請求しませんが、消費税を定期的に報告しない場合、Texasなどの州では通常の毎月の消費税の4倍までの保証金を請求する可能性があります。 マサチューセッツ州の175ドル未満の衣料品に課税されない州、または特定の特殊な衣料品のみに課税されるペンシルベニア州に住んでいる場合、在庫が以下の基準を満たさない場合は売上または税金を支払う必要はありません。課税。

例外

ワイシャツを卸売りで販売する場合、織物を衣服メーカーに販売する場合、つまり織物はシャツを作るために使用される原材料であるため、またはあなたの事業が非営利組織の小売店の一部である場合SBA.govに。 現時点では、実際に事業を行っていない州で小売商品を顧客に販売する場合(オンラインで販売する場合)は、通常、通販小売業ではありますが、消費税の徴収や報告は不要です。税法も州によって異なります。